<   2006年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧
海の工事
b0051600_98176.jpg
浅虫・土屋バイパスの道路工事は進んでいる。過去記事・05年10月の同じ地点
b0051600_984344.jpg
基礎や橋脚の土台が並び、橋桁本体が組み付けられていく。
b0051600_992619.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-30 10:00 |  三八・上北
夢の跡地
b0051600_9241682.jpg
小さな遊園地があった場所。遊具は消えて塀だけが寂しく残っていた。過去記事・04年5月
[PR]
by aomori-ph | 2006-05-29 11:00 |  青森市内
菜の花フェスティバルinよこはま
b0051600_8474334.jpg
毎年5月中旬の週末には菜の花フェスティバルというイベントあり。
眺めの良い晴天なら、見物用のアーチもたくさんの利用者が列をつくる。
b0051600_848625.jpg
迷路の中で自分を見失うのもよし
b0051600_8482354.jpg
ヘリコプターの遊覧飛行で鳥の気分を味わうもよし
b0051600_849760.jpg
イベント本番日でなくとも、ゆったりした風景をのんびり楽しもう。
b0051600_8484281.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-27 09:00 |  下北
柵ごしに牛をみる
b0051600_8392893.jpg
地の利の活かして、この地では酪農も重要な産業のひとつ。
あちこちでネイチャーな香りとともに乳牛の姿がある。
b0051600_8394774.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-26 08:00 |  下北
下北半島の春
b0051600_8262785.jpg
下北半島中部にはそれほど険しい山はなく、丘陵地帯といえるだろうか。
b0051600_8265895.jpg
風景もどこか独特なものを醸し出しているよう。
b0051600_8271824.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-25 07:00 |  下北
菜の花畑2006
b0051600_89298.jpg
菜の花は数年ごとに作付け場所を変えないと、土壌に良くないらしく
その黄色い分布は毎年、微妙に変化している。過去記事・05年の同じ撮影地点
b0051600_810144.jpg
b0051600_8102246.jpg
b0051600_8111972.jpg
b0051600_8113949.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-24 06:00 |  下北
菜の花の町・横浜
b0051600_75445100.jpg
陸奥湾のはるか対岸に恐山を眺めつつ、この季節には菜の花で彩られる下北半島。
菜の花とともに、昔ながらの農村風景も積極的に残そうという試みもされているという。
b0051600_7441277.jpg
b0051600_7443288.jpg
b0051600_7444586.jpg
06年の満開宣言は5月15日。花の見頃は6月初旬まで大丈夫そうだ。
(この撮影日は5月22日。まだまだ満開)
b0051600_755213.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-23 05:00 |  下北
下北半島の木々
b0051600_7321348.jpg
このあたりの強い風のせいか、道筋にある樹木も津軽とは違うようにみえる。
b0051600_7324485.jpg
点在する家々は広い中庭を備えて、どこか別世界の雰囲気。
b0051600_7331395.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-22 04:00 |  下北
増殖する風車
b0051600_7204765.jpg
むつはまなすラインを道なりに走ると、突然顔を覗かせる大きな風車。
陸奥湾に吹き渡る強い風を利用した発電装置らしい。
b0051600_7211383.jpg
大湊線の単線脇にもその姿をたくさん見ることができる。
このルートを辿るたびにその数は順調に増えているようだ。
b0051600_7214183.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-22 03:00 |  三八・上北
防波堤と防風柵
b0051600_7916.jpg
各所の柵は風防の備え。湾内といえど、海沿いの道には吹きさらしの潮風が吹きつける。
閉じたり開いたり。それでも潮風と時の浸蝕は容赦ない風景を作っていく。
b0051600_7928100.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-21 02:00 |  三八・上北