カテゴリ: 下北( 31 )
菜の花フェスティバルinよこはま
b0051600_8474334.jpg
毎年5月中旬の週末には菜の花フェスティバルというイベントあり。
眺めの良い晴天なら、見物用のアーチもたくさんの利用者が列をつくる。
b0051600_848625.jpg
迷路の中で自分を見失うのもよし
b0051600_8482354.jpg
ヘリコプターの遊覧飛行で鳥の気分を味わうもよし
b0051600_849760.jpg
イベント本番日でなくとも、ゆったりした風景をのんびり楽しもう。
b0051600_8484281.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-27 09:00 |  下北
柵ごしに牛をみる
b0051600_8392893.jpg
地の利の活かして、この地では酪農も重要な産業のひとつ。
あちこちでネイチャーな香りとともに乳牛の姿がある。
b0051600_8394774.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-26 08:00 |  下北
下北半島の春
b0051600_8262785.jpg
下北半島中部にはそれほど険しい山はなく、丘陵地帯といえるだろうか。
b0051600_8265895.jpg
風景もどこか独特なものを醸し出しているよう。
b0051600_8271824.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-25 07:00 |  下北
菜の花畑2006
b0051600_89298.jpg
菜の花は数年ごとに作付け場所を変えないと、土壌に良くないらしく
その黄色い分布は毎年、微妙に変化している。過去記事・05年の同じ撮影地点
b0051600_810144.jpg
b0051600_8102246.jpg
b0051600_8111972.jpg
b0051600_8113949.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-24 06:00 |  下北
菜の花の町・横浜
b0051600_75445100.jpg
陸奥湾のはるか対岸に恐山を眺めつつ、この季節には菜の花で彩られる下北半島。
菜の花とともに、昔ながらの農村風景も積極的に残そうという試みもされているという。
b0051600_7441277.jpg
b0051600_7443288.jpg
b0051600_7444586.jpg
06年の満開宣言は5月15日。花の見頃は6月初旬まで大丈夫そうだ。
(この撮影日は5月22日。まだまだ満開)
b0051600_755213.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-23 05:00 |  下北
下北半島の木々
b0051600_7321348.jpg
このあたりの強い風のせいか、道筋にある樹木も津軽とは違うようにみえる。
b0051600_7324485.jpg
点在する家々は広い中庭を備えて、どこか別世界の雰囲気。
b0051600_7331395.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-05-22 04:00 |  下北
フライボール
b0051600_3531933.jpg
青森県の北部・むつ市にあるお菓子工房やなぎや製。
よくあるような餡ドーナツと思いきや、漉し餡のキメ細かさと洗練された口当たりに驚く。
b0051600_3533239.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2006-04-10 01:00 |  下北
下北半島ススキ景色
b0051600_12415266.jpg
青く透き通る晴天。ススキ野原はどこまでも揺れる。
b0051600_18221955.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2005-10-30 06:00 |  下北
大湊彷徨
b0051600_1218205.jpg
しばしのトリップ。
[PR]
by aomori-ph | 2005-10-28 04:00 |  下北
大湊港の海
b0051600_11495296.jpg
岸壁にたどりついた。左は自分がぐるっと回ってきた下北半島。
b0051600_11501352.jpg
鏡のように凪いだ海。
右手先には自衛隊基地などがある。鍵針のように突きでる芦崎の岬。
b0051600_11504894.jpg
とにかく海が、空が広い。
海面に映る白い雲をいつまでも眺めて。
b0051600_11503124.jpg

[PR]
by aomori-ph | 2005-10-26 03:00 |  下北